2007年9月11日 (火)

YAMAHA RZ250

Rz10_640

Rz11 Rz13

Rz12 ホークCB250Nの次がこのRZ250でした。当時としては2ストの強烈な加速に魅せられて直線番長の私にはとてもお気に入りのバイクでした。詳細についてはこちら。セルなど無いので毎回キックスタート。ステップを折りたたまないとキックできないのが特徴。2500rpmまではラバーマウント特有の振動があるがそれを超えればスムーズで確か5000rpmで、もたつくトルクの谷があったがその上はまさしくロケット加速に豹変する(^_^)/~。その時の加速感は未だに忘れられない2スト特有の世界。ある意味CBR1000RRと比較してもRZの方が加速感を感じたと思える(^_^)/

↑「オッパッピィー!」のギャグはどうやら私が元祖だったようですぅ~(*^。^*)。このときは連れのXJ400の慣らしに付き合って西名阪を鈴鹿まで走りお土産に赤福餅を買って帰ったと思います。プリント写真の縁を見ると年代が…’80 (・_・;)。

| | コメント (10)

2007年9月 3日 (月)

タイムスリップ写真館

Cb250n_2

まだまだ残暑厳しいおり、皆様いかがお過ごしでしょうか?私は夏バテと精神的にも疲れてしまって「ひきこもり」状態です(・_・;)。解離性障害でしょうか?(?_?)そんな訳で家の中から偶然過去の写真が見つかったのでこれをブログネタにします。

私が最初に所有したバイクはホンダのCB250N。いわゆるホークⅢ(ホークⅢは400cc。正確には395ccのツインで型式はCB400N)のクォーター版で恐ろしく走りませんでした(;一_一)。当時ホンダのホイールはコムスターといって星型のデザインだったのですがホークⅢではアルミで何と250ccはスチールのため車重が1kg重たかったのです\(◎o◎)/!乾燥重量:ホークⅢで171kg、250Nは172kg(+_+)。昔は4stであれば10ccが1ps程度なので250ccが26ps、400ccが40psでした(^_^;)。ホークⅢが発売されたのが’78でCB750Fが’79なのでタンクからリアカウルへと流れるようなインテグレートデザインはホークⅢの方が先駆けであったと言えると記憶しています。当時標準でコンチハンとバックステップは珍しかったでしょう。バイクには私が見栄っ張りのため「CB400N」のステッカーを貼ってました(^_^;)。見た目での違いは250ccのホイールが黒でフロントが400ccより1インチ小さい18インチくらい。もちろんナンバープレートを見れば250ccは緑枠がないのでそこでバレばれです。250ccはホークⅢの称号は与えられずホークCB250Nという呼び名でした。ホークⅢの前にホークⅡがあってタンクがヤカンに似ていたことからヤカンホークって言われたりしました。

Cb250n_1 Cb250n

Cb400n_640 カタログまで残ってました。当時ページがちぎれるまで毎晩寝る前に眺めていた事を思い出します。これは確か2部目だったと思いますがそれでもセロテープで補修してあります(^_^;)。プラモデルも組み立てたりしました(^_^)v。本当はこのホークⅢの赤が欲しかったのですが400ccでは車検がある事と最初からそんなに大きなバイクに乗らず250ccで練習せよ!というお上からのお達しでそうなったと思います。当時の価格で250Nが¥339,000、400Nが¥349,000なので1万円しか差がありませんでした(・_・;)。細かく言うと登録時からの税金とか諸費用がもっと変わってきますけどね(^_^;)

ご要望が多ければカタログの中身もUPしますよ!これから歴代のバイクネタもアップしていきたい思いますので乞うご期待\(◎o◎)/!

| | コメント (13)