« 吸っパイダーマンる | トップページ | 女医さん登場(^_^)/~ »

2010年2月22日 (月)

Motoオヤジ娑婆る

10_0221_008

おかげさまで不肖Motoオヤジ16日に退院して参りましたヽ(^o^)丿。翌日より自宅で安静…とは行かずケンケンでつまずきに注意しながらせっせとお仕事です。とりあえずミルクと乳製品の摂取を心がけとります。続きを読む…で結構キツイ画像もありますのでご覧になるかたはご注意を(一部の方にはお見せしましたが)。なので苦情などは一切受付ませんので自己判断でお進み下さい。

10_0221_001 10_0221_005

10_0221_002 10_0221_003

(左上)オペ後、麻酔が覚める直前の画。心電図や心拍数を取る装置を取り付けられAV機器みたいに配線だらけとなる。首が絞まって苦しかったのを覚えている。下半身麻酔なので上半身は普通に動くが寝返りなど満足に出来ないので腰痛に悩まされた。麻酔が覚め始めると予想以上の激痛にムンクの叫びになりました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。痛み止めも効かずこのまま長い苦痛な夜をやり過ごさねばならんのかと覚悟を決めた時、座薬と睡眠薬で何とか乗り切れた時は神に救われた気分だった(T_T)。ちなみに座薬を入れてもらったときは…でした(*^_^*)。(右上)液晶薄型TVが据え付けてあり専用プリペイドカードで見れる。料金は60分で60円。冷蔵庫は200円/日。TVは写りがとてもキレイでお持ち帰りしたくなりました。朝食は決まってトースト2枚とサラダ系。煮込みハンバーグは結構美味しかった。毎日定時に上膳、据え膳でVIP待遇。お掃除も毎日おばちゃんが来てくれてお茶汲みもしてくれる。外の寒さを感じることもなく院内は常に適温に保たれ、24時間体制でボタン一つで看護師さんが来てくれるある意味楽園状態。なので退院した翌朝、自宅で目覚めた時はひどく孤独感を感じてしまった。入院前と状況は一緒なのに「あ~、今日からまたひとりなのか」…と。そんなことに感傷してる暇もなく仕事に追われまたケガを重ねないように充分注意しながら行動するも右足が下がりっぱなしなのでまたパンパンにうっ血して腫れ上がってしまった。改善するには安静にして心臓より高い位置に足を上げるしかないのでやっかいである。

10_0221_004 10_0221_009

病室は5階でしたが1回の自販機室までエレベータで降りてひとりコーヒーブレイク。右足の筋肉は早くも痩せ衰え左足と比較すると一目瞭然である。これからもっと細っていくかと思うと元に戻るまでには相当時間を要することは安易に俺でも予測できる。

10_0221_007

はい、これがフランケンな私の術後のアンヨちゃんでちゅよ。いかにも不味そうなチャーシューというか何とも不気味な見た目。この内部にチタンプレートとボルト5本が埋め込まれております。傷口は糸で縫ってあるのはなくホッチキスの大きなタマでカシメてあるって感じでしょうか。ちなみに10発で留まってますが今度の水曜に抜く予定。多分麻酔なしなのでまたそれなりの痛みが…(・_・;)。でも担当の女医さんがとてもキレイな方なんです。それが唯一の救いかも(*^_^*)。でも抜杭(バッコウ)をその女医さんがするかどうかは未定。おっさんDr.なら最悪(-_-;)。高視聴率を取ったドラマの中で「神様は乗り越えられる試練しか与えない」とか言ってたけど乗り越えられんかったらジエンドなだけちゃうん?と冷めた印象やった。俺の場合はもう余り長くはない残りの人生をもっと真摯に見つめ直せと警鐘を与えられたような気分。確かに良い機会かもしれない。時間は永遠にあるわけでななく必ず限りがある。毎日毎日をぼんやり過ごすのと精一杯生きるのとでは自ずと人生の質に差が出ようというもの。大げさかも知れないが今、生きている、生かされているということについて再考する時期に来ているのかも知れない。最後に無事退院し社会復帰できたことに対しサポートして下さった全ての方々に心より感謝申し上げたい。ありがとうございました。人は一人では生きていない生きていけないことを痛感しました。1日も早く元の生活に戻れるよう日々精進して参りますm(__)m。それでは睡眠薬が効いてきたのでおやすみなさい(-_-)zzz

|

« 吸っパイダーマンる | トップページ | 女医さん登場(^_^)/~ »

コメント

退院おめでとう〜って訳ぢゃなく〜ご苦労様って感じですね。

ちょっと早すぎる感じですが〜それぞれの事情がお有りの事と存じまし〜ご不十なお身体での社会復帰重々お気を付け下さいまし。

ぢゃ〜天下一品ピンピンピン迄ぇ逝く暇ないっすねぇ〜カルシウム贈与点滴。リハビリより〜先ず生活を安全にこなして下さい。

人は身体の痛みはスグ忘れてしまうが、心の痛みは一生残ってしまいます。

投稿: 隼卓造 | 2010年2月22日 (月) 06時48分

退院おめでとうございます。
全開・・・(×)全快(○)までには、まだしばらくかかるかと思いますが、リハビリ頑張ってください。
暖かくなったらまた元気な姿でお会いしましょう。

投稿: TAK | 2010年2月22日 (月) 10時36分

辛くとも貴重な体験ご苦労様でした。人の痛みが思いやれる機会となったことでしょう!?気まぐれな神様のイタズラでしょうけど?
抜鈎自体には麻酔はしません。ホッチキスの針を取るみたいにパチンパチンとあっという間です。皆さん麻酔せんと痛いんちゃうの?とビビられますが、実際はチクッチクッっていうぐらいで想像していた程の痛みではないそうです。中には傷がパカッと開いてしまう人もいますが、痛みに関してはNo problem だと思います。運良く女医さんだったらにんまり(#^-^#)見とれていたらあっちゅ~間ですよ p(^-^)q Fight!!

投稿: カフェ好き | 2010年2月22日 (月) 19時30分

す・凄い・・・・・!

び・ビックリです・・・・・!

早く元気な姿を見せて下さいね!

投稿: つるちゃんです! | 2010年2月22日 (月) 20時10分

隊員オメ。
しばらくは安静ですね。お大事に。


足キモッ

グ□親父に改名?
最近キモシリーズばっかりや~!

投稿: すきやき | 2010年2月22日 (月) 20時26分

退院お疲れさまでした。
足の姿みたらとてもイタイタしいですね。
あわてずゆっくり完治してください。

投稿: rapid | 2010年2月24日 (水) 00時15分

あれぇ~、お薦めの奴飲んでへんの?
ナニにもいいねんで!

投稿: もんちゃん | 2010年2月24日 (水) 11時55分

ひとまず、退院おめでとうございます。

あんよが痛々しいですね~(>_<)

でも右足なら、M・ドゥーハンみたいに「親指ブレーキ」にしたら、今週末からCBRに乗れますね(笑)

メール待ってますよ~(^_^)v

投稿: Shu-1 | 2010年2月24日 (水) 19時05分

みなさん、温かなたくさんのコメントありがとうございます。家でひとりでいると結構凹んでたりするんですがみなさんのお気持ちを読み返しては孤独感を癒しております。入院期間が短かったので「きっと看護師さんにセクハラしたからやで」とか「車椅子で暴走行為をしたため病院交通法に抵触し追放された」などそのようなゴシップは決してなく病院が慢性的な満床(決して丁寧語で言ってはイケマセン×)状態にあるため退院可能と見なされればハイサヨウナラ(ToT)/~~~となるのですよ。もうちょと居たかったのに…(T_T)グスン

投稿: Motoオヤジ@骨折中 | 2010年2月24日 (水) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吸っパイダーマンる | トップページ | 女医さん登場(^_^)/~ »