« カスタムペイント | トップページ | PPS DX Ver. »

2007年1月 1日 (月)

シート

1000up 無限から販売されてるアルカンターラのシートを見て赤/黒の配色を逆にしたカスタムシートが欲しくなり製作依頼して出来上がったのがこれです。黒はディンプル加工で赤は革のようなエンボス加工された生地を使ってあります。アルカンターラは高価な生地であり手触りはスエードのようにシットリとしていますが元々車のシート用なので紫外線など耐候性に乏しく一度濡れると乾きが悪いという欠点があるらしいです。

↓ カールズバッドさんと打ち合わせした仕様書

Seat_plan12_680_4 実はこのシートは第2号で1号の場合は赤の部分が黒の生地の上に乗っかっている形状になっており引っ掛かりができて気に入らなかったので赤と黒の継ぎ目をフラットにした2号の製作となった訳です。自分が納得行くまで製作してもらったので愛着も湧くというものです。唯一気になる点は赤色の内股がこすれる部分の汚れが激しく何を以てしても落とせないところでしょうか?ガゾリンでもダメなのでどうしょうも無いです(-_-;)。

Seat2_005 赤の仕切りラインはリアテールカウルにつながるように位置決めし実際に装着したときにどう見せるかにも気を使いました。出来上がりだけを見ると単にアルカンターラの逆配色ver.にしか思えないのですがいざワンオフで製作依頼するとあれこれ問題が出てくるものです。最後まで私の注文に付き合って下さったシート製作の窓口業務をされているカールズバッドさんに感謝します。製作技術ももちろん重要ですがこちらのカスタムしたい意図を職人さんにいかに的確に伝える事ができるかが本当に大切だと感じました。その点、カールズバッドさんはこちらの希望にトコトン応えてもらえるところだと思います。
('06 APR)

|

« カスタムペイント | トップページ | PPS DX Ver. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198077/4827515

この記事へのトラックバック一覧です: シート:

« カスタムペイント | トップページ | PPS DX Ver. »